マンガ「宇宙兄弟」の南波六太の言葉です。

1位と最下位との差なんて大したことねーんだよ。

ゴールすることとしないことの差に比べりゃ。


ゴールへの道は果てしなく遠いもの、と感じることがあります。

今の自分の位置と到達したい場所は、なんと離れていることか。

少しずつでも確実に歩む自分の歩幅。

でもそのスピードが、何だかひどく遅く感じて、頼りなく感じる。

もっと急がなきゃ、走らなきゃ。

目標が高ければ高いほど、今の自分との圧倒的な差に、焦りを抱く事もあるかもしれません。

そんな時は、この言葉を思い出してみてください。

大事なのは自分の決めたゴールにたどり着くこと

早さではありません。

一位でも最下位でもいい。ゴールすること。

道半ばでヤル気を失ってしまったら、この言葉を思い出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です