安藤百福氏(日清食品創業者)の言葉です。

人生に遅すぎるということはない。

60歳、70歳からでも、あらたに挑戦はある

中学から野球を始めた人は、小学校から野球をやっていた仲間との差を思うかも知れません。

高校から野球を始めた人は、それ以前からの経験者に遅れを感じることでしょう。

しかしそれは一時のこと。

少しずつ、毎日、努力を重ねていけば、その差など次第に無くなってきます。

大事なのは「今から始めよう」という気持ち。

これからのあなたの人生では、今日が一番若いのだから。

※高校から野球を始めてプロ野球の選手になった一例

江夏豊選手(阪神・南海・広島・日ハム・西武)

宮本和知選手(巨人)

矢野輝弘選手(中日・阪神)


写真素材-フォトライブラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です